スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

姫のたわ言

人生初の110番!

 

 唐突だが、皆さんは110番したことある?私、この前しちゃったよ!
 私は、不定期で友人と電話でカウンセリングをやり合っている(これを「セッション」と言う)。10分ずつ、話し手と聞き手に分かれてやるというもの。
 ある夜のこと。いつものように、電話がかかる。大事な事を書き忘れていたが、これは携帯ではなく家の電話の子機を使っている。
 安心して出来るように、その時間はヘルパーには外で待機してもらい、セッションが終わると、携帯で呼ぶ。その日もそうする予定だった。ところが!たまたま子機と携帯のセッティングが悪かった。友人からの電話をスピーカーで話そうとボタンを押したら子機が滑りまくり、ついには、裏返しにひっくり返った。その裏返った子機を追っかけまわしたら、その子機が携帯に当ったらしくスーッとテーブルの上を滑ってガシャン!と床に落ちた。万事休す!とりあえず、子機を必死で元に戻し友人に電話する。少し話して切る。
 さぁ、外に、それも車の中にいるヘルパーにどうやって連絡を取るか!?大声で呼んでも聞こえる訳ない。子機に重要な連絡先は、登録してない。みりこ人生最大のピンチ‼
 うろたえてもしょうがない、冷静になろう。すると、ピーンときた、「市民の為の110番!電話しよう‼」。少しだけ迷ったが、結局110番した。「こんな事で申し訳ありませんが」って前置きして、状況を伝える。電話の向こうから「すぐに行きます」って、言ってくれる。
 すぐって言ったけど、おまわりさん到着まで20分。到着するなりヘルパーに声かけしてくれて、年とか聞かれたけど無事にヘルパーに連絡ついて、めでたしめでたし♪
 今度、子機にも重要な連絡先登録しとこうっと!じゃ、またね✋


(みりこ)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。