スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

イベント情報「いべんとアラカルト」

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆西部障害者福祉会館の講座

最後の最後まで一緒にいよう

〜盲導犬セラフと過ごした最後の4ヶ月間の記録〜

日時 8月22日(日曜)13時30分から15時30分

会場 ・西部障害者福祉会館 501~503会議室

     (八幡西区黒崎3丁目15-3 コムシティ5階)

   ・オンライン

    (ZOOMのアプリのダウンロードが必要です)

内容 13年間並んで過ごした盲導犬との別れとはじまりに

   ついてお話をします。前半は彼を看取りたいと切望

   したその先に見えた今の思い、後半は盲導犬を迎え

   るにあたって準備した、自身の経験に基づいたお話

   し。そして、当事者の立場から、スポーツ選手だっ

   たり、さまざまな葛藤経験の中で感じたことや盲導

   犬とのお話しが、色々な人の気づきや希望になれば

   と思います。

講師 NPO法人地域医療連繋団体.Needs

西島 玲那氏(鍼灸師) 

        15歳で網膜色素変性症を発症、19歳で視力を失う。

  19歳のときにゴールボール女子日本代表となり世界

  選手権に出場。21歳で引退後、23歳で陸上競技に

  転向。全盲女子800mの日本記録保持者(2021年4月1日現在)。

  その後引退し成長期のアスリートのケアに携わりながら

  治療院を運営する。

土屋 啓子氏(看護師)

対象者 市内在住か勤務している障害のある人、支援者

定員 会場 20名 オンライン 20名(どちらも先着)

参加費 無料

申込 8月4日(水曜)から

申込方法 来館または、下記へご連絡ください。

     オンライン受講希望の方は、下記へメールにて

     お申込みください。また、 聴覚障害のある人は

     FAXに講座名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、

     年齢、電話番号、手話通訳・要約筆記など介助必

     要の有無を記入してお申込みください。

※当日の要約筆記の情報保障は会場内に限定(手話通訳は

 オンライン可)また、補助スタッフがいますので、

 その他ご不明な点、サポートなどでご要望などが

 ございましたらお気軽にお問い合わせください。

申込・問合せ先 

     北九州市立西部障害者福祉会館    担当 岩永

    TEL 093-645-1300 

   FAX 093-645-1600

     メール [email protected]

 

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。