スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

イベント情報「いべんとアラカルト」

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆西部障害者福祉会館の講座

①和菓子講座「練りきりを手作りしましょう」

日時 5月8日(日曜)

   午前の部 10時30分から12時30分

   午後の部 13時30分から15時30分

会場 西部障害者福祉会館 料理講習室

     (八幡西区黒崎3丁目15-3 コムシティ5階)

内容 白あんに求(ぎゅう)肥(ひ)などのつなぎを混ぜ、

   ちぎってはこね、という作業を繰り返してできた

   「練りきりあん」を着色、成形して形作ります。

   華やかな見た目としっとりとした口当たり、

   上品な甘さが特徴で、古くからおもてなしの場に

   用いられている上生菓子です。

講師 林 茂樹 氏(手作りお菓子のはやし屋)

定員 各部 8名(抽選)

参加費 材料代として1,000円

持参品 エプロン・三角巾

申込 4月28日(木曜)まで

②脳が喜ぶ!心が笑う!臨床美術(全5回)

日時 5月22日(日曜日から9月25日(日曜)

   毎月第4日曜日 13時から15時

会場 西部障害者福祉会館 工芸室

     (八幡西区黒崎3丁目15-3 コムシティ5階)

内容 臨床美術とは、様々な画材を使って創作活動を

   することにより脳を活性化し、心にゆとりを与

   え るアートセラピーのひとつです。

【予定プログラム】(状況により変更あり)

1回 5月 紫陽花を描く

      (色紙に紫陽花の花をオイルパステルと和紙で表現)

2回 6月 木漏れ日ボトル

      (アクリル板に光と影をトレーシングペーパーで表現)

3回 7月 土偶(祈りをこめて粘土で創作する)

4回 8月 重なる不思議な世界

      (水性インクの混色を楽しみ海の中を表現)

5回 9月 立体カボチャ 

      (ゴロンと味わいのあるかぼちゃを和紙で作成)

講師 福井 道子 氏 

(クリニカルアートFUKUI 日本臨床美術協会 臨床美術士)

定員 8名(抽選)

参加費 材料代として2,500円(5回分)

申込 5月12日(木曜)まで

 

①②共通事項

対象者 市内に在住か勤務している障害のある人

申込方法  下記へお申込みください。聴覚障害の

     ある人はFAXに講座名、郵便番号、

     住所、氏名(ふりがな)、連絡先を

     記入してお申込みください。

     また、必要な合理的配慮がありましたら

     申込み時にお伝えください。(要約筆記、

     手話通訳、盲ろう通訳、資料のデータ化、

     点字化、見守り、介助など)

     当日は、スタッフがいますので安心して

     ご参加ください。

 申込・問合せ先

  北九州市立西部障害者福祉会館  担当 岩永

  TEL 093-645-1300 

  FAX 093-645-1600

   メール [email protected]

 

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。