スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > いべんとアラカルト > 2018年2月のイベント一覧 > 

きょうされん北九州市ブロック学習会

イベント情報

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆きょうされん北九州市ブロック学習会

「共生型サービスのねらいと報酬改定のゆくえ」

~どうなる「65歳介護保険優先原則問題」も含めて~

 

みなさんは、介護保険法改定を中心とした「地域包括ケアシステム強化法」が

成立し、2018年4月から「共生型サービス」が始まることをご存知でしょうか?

今回、この学習会では「共生型サービス」や報酬改定の最新の動きを学び、

今後私たちは、どのような対応をとれば良いのかを考える機会にできるようにと

企画しました。また併せて、介護保険と障害分野の垣根が低くなる中で、

「65歳介護保険優先原則問題」が、今後どのようになっていくのかも検証します。

 

日時 2月18日(日曜日)10時から12時30分

会場 西部障害者福祉会館 502・503

(八幡西区黒崎3丁目15-3 コムシティ5階)

 講師 小野 浩 氏

      きょうされん常任理事・政策調査委員長

      社会福祉法人ウィズ町田 理事長

対象者 どなたでも参加可能

参加費 資料代として500円

    ※学習会の資料を事前にデータでご希望の方はご連絡下さい。

問合せ先 社会福祉法人さざなみ福祉会

のぞみ作業所

     TEL/FAX 093-921-0657

     Eメールnozomi@izm.bbiq.jp

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。