スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 73号 > 

セルフヘルプ図書館について  ~ゆっくりと語り合いませんか? ~

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆セルフヘルプ図書館
~ゆっくりと語り合いませんか? ~  (セルフヘルプ情報北九州)

 

 同じ悩みや問題を抱える人同士が集い、語り合って、知恵や経験を分かち合い、問題解決の糸口をつかんだり、前向きな生き方を自らの力で獲得することができるセルフヘルプ・グループ。

 その良さを多くの方に知っていただく試みの一つとして、「セルフヘルプ図書館」があります。「セルフヘルプ図書館」とは、セルフヘルプ・グループに参加している当事者の方が「本」となり、その場にお集まりの方を「読者」に見立てて行います。関心があっても、今まで詳しく知ることができなかった「本」を選んで手に取り、図書館で閲読するように、当日「本」になれるグループ・メンバーの中から、自分が話を聞いてみたい方を選び、同じ「本」を選んだ少人数の「読者」で囲んでお話を聞く会です。質問も可能で、ときには「読者」である参加者が自分の話をする場面もみられます。

「人」が本となって語り出すことにより、「紙」の本を読むだけでは得られない貴重な経験を、「本」となった人にも「読者」となった人にも与えてくれる、それが「セルフヘルプ図書館」です。

 「セルフヘルプ情報・北九州」では、より多くの皆様にセルフヘプ・グループについて知っていただくため、今後も「セルフヘルプ図書館」の開催を企画していく予定です。

 

※「セルフヘルプ図書館」の名称を使用する許諾を、発案者である大阪セルフヘルプ支援センターよりいただいています。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。