スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 73号 > 

特定非営利活動法人 ドッグセラピージャパンの取り組み

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆特定非営利活動法人 ドッグセラピージャパンの取り組み

理事長 野田 玖仁子

 今回は、小倉北区片野にある「特定非営利活動法人ドッグセラピージャパン」を紹介します。高齢者施設・養護施設に訪問し、お年寄りが犬とふれあうことで癒しを提供し、学校へ犬と訪問し、子どもたちに情操を育んでいくとともに、ドッグセラピー活動に係わる人材を養成し、犬と共に社会福祉に貢献していく非営利団体です。

 

 特定非営利活動法人ドッグセラピージャパンは心豊かな社会、犬と暮らしやすい世の中を目指して五つの大事にしたいことに取り組んでいます。

①ドッグセラピー活動

②ドッグ介在教育

③犬猫殺処分を減らす活動

④人材育成

⑤障がい者の就労支援

 

今回は⑤障がい者の就労支援のことをお伝えします。

 

 就労支援をはじめたきっかけが、福岡聴覚特別支援学校の生徒の職場体験です。

 生徒は、犬のお手入れやお散歩、子犬のお世話、犬舎のそうじ、店内の清掃業務を一生懸命行いました。すると先生から「ペット業界にすすみたいという生徒がいるが、求人はない。専門学校は、うまくやっていけるか不安なので進学はしない」という現状を聞き、わたしたちに何かできることはないかと考えた結果、障害者雇用をはじめました。

 するとたくさんの応募がきたので、動物が好きで動物と一緒に働きたい障がい者の方の就労の幅をもっと広げたいと思い、平成26年12月1日に、障がい福祉サービス 就労移行・就労継続支援A型 事業所「源喜」を開所しました。

 就労移行支援では「働く」へ向けた、一人ひとりの個性に合わせた個別支援計画を立て、利用者の特性に沿って、専門性のあるスタッフがプログラムを組み合わせ、本人が自ら変化し、成長する力を引き出します。

例えば・・・

・犬のお世話をすることで「責任感」が生まれる。

・犬と散歩することで「体力」がつく。

・犬に会いたくなるので毎日出勤する「習慣」ができる。

・犬を介することで「コミュニケーション能力」が向上する。

・犬を観察することで「気づく」事ができるようになる。

・犬と接することで「愛情」があふれる。

このように仕事に対してとても重要な心構えが身につくドッグプログラムを行っています。

 就労継続支援A型では、犬とふれあえるカフェを行っています。飼いたいけど飼えない方、ふれあって癒されたい方、一人暮らしで飼えない方、ペットロスの方など、とにかく犬好きな方が集まり穏やかな癒しの空間になっていて、いつも笑顔があふれています。利用者の方に犬のさわり方や接し方などスタッフが丁寧に教えていきますので、利用者の方もはじめはうまくいかなくても愛情をもって犬たちと接してくれ、すぐに仲良しになっています。大好きな犬たちと一緒に働く事で利用者の方は、とても笑顔になっていきます。

  犬と一緒に仕事をすることで、やりがいや生きがいを感じていただき「働く喜びを知り、元気の源」となるように「源喜(げんき)」と名付けた就労支援事業。動物が好きな障がいのある方がもっと動物と一緒に仕事し、活躍できる場を広げていきたいと考え、今後は利用者の方と高齢者施設に訪問し、ドッグセラピー活動で、お年寄に笑顔をお届けしたいと思っています。



【特定非営利活動法人 ドッグセラピージャパン】

住所 小倉北区片野3丁目14-1

TEL 093-923-2128

FAX 093-923-2123

営業時間 9:00~18:00



ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。