スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 73号 > 

「北九州共同受注センター」が活動を開始!!

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆「北九州共同受注センター」が活動を開始!! 

~ 障害者が活き活きと働けて工賃アップとなる仕事を提供するために ~


NPO法人北九州小規模連  理事長 須藤 輝勝

 

 

【背景・経緯】 

   「障害者優先調達推進法」が平成25年度から施行され、障害者就労施設で就労する障害者や在宅で就業する障害者の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体、独立行政法人などの公的機関は、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入するよう努めなければならないということになりました。

 NPO法人北九州小規模連では、この※1官公需と市内の障害者就労施設を結びつけるために、平成24年度より北九州市の委託事業「北九州NUKUMORI(ぬくもり)プロジェクト推進事業」の中で「共同受注窓口」開設に向けての準備をしてきました。そして、今年度からは「北九州共同受注センター」として北九州市の助成を受けて正式に運用を開始しました。

  ※1  「官公庁(国、公団、都道府県など)が物品の納入、工事の発注をすること。


【事業目的】 

 官公需と市内の障害者就労施設を結びつけることで安定的で良質な仕事を確保し、施設で働く

障害者が生きがいのある自立した社会生活を送れるようにすることを最終目的としています。

具体的には・・・

 ・利用者の工賃アップ

 ・利用者の仕事に対するモチベーションアップ

をはかります。

 

  【現状(問題点)】

  どの施設も利用者に満足のいく仕事を供給して十分な工賃を払いたいと考えていますが、必ずしもうまくいっているとは言えません。特に、小さな施設は、次のようないろいろな問題を抱えています。

・施設の職員は、日常的な支援業務に時間をとられ、営業活動に費やす時間も労力もなく、営業に関するノウハウが足りない。また、発注者のニーズに対応するような品質の向上を図ることができない。

・継続的な仕事を利用者に供給できていない。

・仕事があっても安いので満足のいく工賃が払えない。

・大量の仕事が来ても単独施設では処理できない。

・仕事を得ても、発注者に納得してもらえる品質の仕事ができないため、次から仕事が来なくなる

・利用者の突然の欠勤や機械の故障などで納期に納品することが困難なことがある。

 などです。

 また、自治体、関連機関・団体、企業などでは、障害者施設に仕事を供給したり商品を購入したりしようと思っているが、

・どこに頼めばよいか分からない。

・どんな仕事ができ、商品があるのか分からない。

・きちんと仕事をしてもらえるかどうか不安である。

等ということがあります。

 

【問題解決(事業内容)】 

 

  このような問題を解決するために「北九州共同受注センター」は開設され、次のようなことを行います。

●広報、営業活動

 

加入施設の商品・役務一覧をもとに、行政や企業などに営業活動を行ないます。

 

●参加施設の拡大

 

受注できる商品・役務の種類や量を増やすには、多くの施設の参加が必要です。そのためには、多くの施設にセンターの役割を理解していただき、この事業に参加していただくよう戸別訪問や説明会の開催等を行ないます。

 

●適正価格での受注

 

 ほとんど工賃にならない安価な仕事を請け負っている施設が少なくありません。適正な価格で受注できるような営業活動をします。

 

●契約、見積・請求書などの事務作業

 

専任の事務員を置いていない施設では、仕事の受注に関わる事務作業は大変負担になります。事務作業がなくなることで支援員の負担が軽減され、本来の支援業務に専念できます。

 

●参加施設への仕事の供給、分配

 

参加施設の商品・役務データベースをもとに、受注した仕事の適切な分配を行ないます。また、単独施設では受けられない大規模な仕事も複数の施設に振り分けたり仕事の一部を切り出したりすることで仕事を受けることができます。仕事の分配や切り出しを行なうことで受注範囲を広げます。

 

 

●品質管理(納品・検品作業支援)

 

仕事を分配して複数の施設で作業をした場合、仕上がりにばらつきが出ることがあります。手順書や研修、現地指導などで品質のばらつきを防ぐようにします。

 

●仕事の効率化・高度化サポート

 

業種ごとの研修会や勉強会、交流会を開催し、各施設の仕事のスキル向上のための支援をします。

 

●仕事情報や市場の動向など幅広い情報の提供

 

メーリングリストなどでタイムリーな仕事情報を提供します。

 

 

 

 

★仕事の発注、お問合せや自治体、関連機関・団体、企業のみなさまからの仕事の発注をお待ちしています。また、参加施設も募集しています。お気軽にお問合わせください。

 

◎ 北九州共同受注センター

〒805-0071

北九州市八幡東区東田2丁目5番9号 東田H2C号室

TEL:093-616-2639  FAX:093-616-2649

携帯番号:080-9104-8621

Mail:kyodo_info@npo-k.jp

※平日:9:00~18:00 休日:土日祝日

※お盆休(8/13~8/16)年始年末(12/26~翌1/3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。