スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

竹ちゃんの一言
~たいへんだから!きみのために! ~

普通学校に通学している足の不自由なA君。

1.運動会

先生は言う。クラス対抗リレーは休んでもいいよ。走るのは大変だからねー。

2.遠足

先生は言う。遠足は休んでもいいよ。長い距離を歩く遠足はたいへんだからねー。

A君が参加できるために、何か考えられないかと検討してみることはしない。

車いすを使用しているB君。

1.結婚式

親が言う。お前も周りからジロジロ見られるのは嫌だろうから、妹の結婚式には出なくていいよ。

2.大学進学

親が言う。大学なんか行かなくてもいい。お前は体が不自由なのだから技術が身に付く専門学校に行きなさい。お前のために言っているんだ。

B君は、大学に行って勉強したいことがあったのに。

相手のために良かれと思ってしていたことが本当は、相手の意志に反して、悲しい思いをさせていることがある。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。