スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 71号 > 

北九州市障害者芸術文化応援センターの取り組み

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

北九州市障害者芸術文化応援センターの取り組み

センター長 藤岡保

北九州市障害者芸術文化応援センターは、運営する北九州市身体障害者福祉協会が平成二十年より北九州市障害者芸術祭を主催する中で、障害のある方の芸術文化活動を応援し、芸術文化活動を通じて地域社会の一員として、生きがいを創出できる社会づくりを目的に設立しました。

一人でも多くの障害のある方が芸術文化活動とふれあえる機会を創出していきたい。そして、地域社会や市民とのコラボレーションによる芸術活動を通じて創造性豊かな社会づくりを応援することを目的にスタート致しました。

主な事業

  • 北九州市障害者芸術祭におけるステージイベントおよび作品展の開催
  • 芸術文化活動の参加のきっかけとなるワークショップの開催
  • 障害者の芸術文化活動の情報収集
  • インターネット等による情報発信

まだ、スタートしたばかりの応援センターですが、現在取り組んでいる事業を紹介させていただきます。

現在実施している事業

北九州市障害者芸術祭事業

障害のある人が芸術文化活動への参加を通じて、本人の生きがいや自信を創出し、自立と社会参加を推進するとともに、市民に対する障害のある人への理解と啓発を進めることを目的とします。現在、各障害別の障害者当事者および家族等の支援者、そして行政職員やボランティア団体職員等で構成する北九州市障害者芸術祭実行委員会にて企画運営を行っています。今年で第七回目の障害者芸術祭となります。芸術祭では、毎年、ステージイベントと作品展を開催しています。

北九州市障害者芸術祭ステージイベント

毎年1回、市内で活動している障害のあるアーティストの皆さんのステージパフォーマンスを開催しています。今年のステージイベントは、特別ゲストとして川嶋あいさんにステージを一緒に盛り上げていただきます。

また、九州各地からも素晴らしい障害のあるアーティストの方々をお呼びしております。熊本からは、NHK番組バリバラ(障害者情報バラエティー)で行われた日本一おもしろい障害者パフォーマー決定戦にも出演された“あそどっく"さん。福岡県内で活躍されている脳性麻痺の障害のあるマジシャン“ミスターハンディー"さんをお迎えして開催予定です。

日時

平成26年12月7日(日曜日)

午後1時~

場所

ウェルとばた中ホール(300名定員)

北九州市障害者芸術作品展

市内で活動されている障害のあるアーティストの皆さんの、絵画、書道、写真、工芸、手芸等の作品展示を行っています。今年は、北九州市長賞等の表彰も予定しております。これまで過去の作品展では、150点近くの作品の応募がありました。

日時

平成26年12月9日(火曜日)~12月14日(日曜日)

場所

コムシティ3階

北九州市立美術館

黒崎市民ギャラリー

ダンスワークショッップ

障害のある方もない方も参加できる楽しいダンスワークショップです。最後は北九州市障害者芸術祭ステージで参加者全員でダンスの披露をします。こちらの企画は、北九州芸術劇場との連携事業です。講師は、関西を拠点に国内外を問わず幅広く活動されているセレノグラフィカさんです。

障害のある方の野外ステージライブ

障害のある方を含むグループおよび個人による野外ライブを実施しました。より多くの市民の皆さんに障害のある方々のパフォーマンスを見て頂ける場をこれからも企画していきます。

ホームページによる芸術文化情報発信

応援センターホームページおよびセンターのフェイスブックにて、芸術文化に関する情報発信をしていきます。

※ ホームページによる芸術文化情報発信

http://www.kitaqshinsyo.com/

お問い合わせ先

北九州市障害者芸術文化応援センター

北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6F

北九州市立東部障害者福祉会館内

TEL 093-883-5550・FAX 093-883-5551

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。