スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 81号 > 

若者・障がい者と協働して行う高齢者の生きがいづくり支援活動「虹のふもと」

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

若者・障がい者と協働して行う高齢者の生きがいづくり支援活動「虹のふもと」        ~北九州市福祉事業団の取り組み~

社会福祉法人 北九州市福祉事業団

 子ども・若者応援センター「YELL」 村上 博志


 「虹のふもと」は、北九州市福祉事業団が社会貢献事業として、地域高齢者の交流と健康増進を目的として、八幡東区にあるレインボープラザ1階で、平成24年度から開始した「高齢者生きがいづくり支援事業」で、「共に生き街(がい)、助け合い」をコンセプトとして障害者の就労支援や高齢者のレクレーション事業についてのノウハウを持つ地元八幡東区の「NPO法人わくわーく」(以下わくわーく)との協働事業として実施しています。

 地域高齢者の居場所づくりとして、誰でも気軽にご利用いただけるコミュニティカフェ的な空間を作り、コーヒーや障害者の授産品の販売、講座やイベントを行っています。

また、定期的に「はがき絵教室」、「折り紙講座」、「健康麻雀教室」などを開催し、高齢者が明るく健康に過ごせるようしています。

 店内での接客・販売は「わくわーく」と北九州市子ども・若者応援センター「YELL」(以下YELL)を利用する若者たちが行っています。「YELL」は、北九州市子ども家庭局青少年課が所管し、北九州市福祉事業団が委託を受け運営を行っている、15歳から39歳までの若者の総合相談窓口です。その中では多くの若者が自立に向けて成長していますが、成長の一歩として「虹のふもと」で接客体験や商品の製造・販売などを行っています。

 店頭では「わくわーく」が運営している障害福祉サービス事業所「BOCCHI」で作られているお菓子や手作り小物、手作りパンの販売や、「YELL」の若者たちが手作りで地元産の豆乳を使った豆腐やわらび餅を製作・販売し、好評を得ています。

 最近では手づくり豆腐やわらび餅だけではなく、若者たち自身が企画して作製した手作り雑貨を販売しています。電子レンジを使ったアクセサリー、アロマキャンドル、エコクラフト、フェルトマグネットなどとても素敵で、しかも実用的な雑貨が揃っています。

 さらに、年数回、PRのために、八幡東区の中央商店街に出張して「虹のふもとサテライト」を出店しています。商店街の空き店舗を借りて、実際に虹のふもとで実施している「小物づくり講座」や「試食体験会」、「手芸講座」や「折り紙講座」を行い、虹のふもとの楽しさを伝えながらPRしています。さらに、商店街のロータリー広場では「ひまわり太極拳」や「北九州体操」など体を動かす体験を行い、地域住民の方々の健康増進の機会を設けています。「虹のふもとサテライト」で一番人気なのは「血管年齢測定」や「脳内年齢測定」です。多くの来場者がご自身の健康年齢に興味を持ついい機会になっています。YELL利用の若者たちも「講座のお手伝い」だったり「お豆腐販売・わらびもち販売のスタッフ」として楽しく関わっています。

 また年に1回夏休みの終わりに「虹のふもとフェスタ」を開催しています。このイベントは、高齢者と子どもとの交流を目的として行うもので、レインボープラザ1Fフロアや地下のホールで、夏休みのおわりの縁日やポップコーン、綿菓子の販売、ステージでは大道芸や絵本の読み聞かせ、楽器演奏など多世代が楽しめるイベントを行っています!

 「虹のふもと」の店内だけでなく、「虹のふもとサテライト」、「虹フェス」などを通して、子どもから高齢者まで様々な地域の方々に愛される事業になればと考えております。八幡東区レインボープラザ近くにお越しの際は、是非とも「虹のふもと」にお立ち寄りください!

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。