スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

編集後記

 平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」、これで少し景色が変わるかなと思いました。しかし、障害当事者、関係者の中での広がり、反応は、私が期待していたものとは違っていました。この法律による「変化」を感じることが少なかったように思います。

「障害者差別解消法」の趣旨を踏まえて、各地で条例作りが取り組まれており、北九州市でも平成30年4月条例施行を目指しています。

 「障害者差別解消法」においても同様ですが、「法律」「条例」とそれを実施する「仕組み」の両輪があって、「変化」を生み出すことができます。

この「仕組み」こそが、「変化」を生み出す「肝」ではないでしょうか。

 「法律」「条例」を上手に使って「変化」を生み出す「仕組み」、「変化」を地域、住民で感じ、共有していく「仕組み」、こんな仕組み作りを地道に、着実にやっていきたいですね。

(あ)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。