スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 76号 > 

「私の夢」実現に向かって・・・

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆「私の夢」実現に向かって・・・

                                   NPO法人 My夢

                                       代表 福田 いづみ

 

去る5月13日、14日に八幡西区本城にあるMy夢第3作業所でMy夢のアーティストさんが建物いっぱいにアートを描きました。
素敵なアートを生み続けた空間がこの日を境に解体され、11月にはショートステイ事業のできる新しい建物と生まれ変わります。
My夢の代表福田さんの想いを綴っていただきました。

 

私は、福祉作業所「My夢」を立ち上げましたが、創立当初は、右も左も分からず試行錯誤の毎日でした。しかし、諸先輩方のあたたかいはげましのおかげで、13年経過した今、やっと基礎固めができたかな…との思いです。

第1作業所では、お菓子、味噌づくり、第2作業所では、弁当、総菜づくりをしております。そして、My夢の大きな特徴として、クラブ(絵画、書道、パソコン、カラオケ)、スポーツ教室、ウォーキング等の余暇活動も重要視している事があげられます。そこでは、日頃の作業とは違った利用者さんの表情を見ることがしばしばです。みんな輝く「個性」をもっており、その「個性」を世の中に出していくことが、私たち周囲にいる者の役割だと思います。ですが、私は、60代後半になり、だんだん体力の衰えを感じるようになりました。My夢の先々も気になります。「利用者さんはこのままでいいだろうか…」「親がいなくなったらどうなるのだろう…」等々。My夢の今の課題は、朝元気に起き、日中My夢で過ごし、夜安心して床に就ける24時間体制が不足していることです。親なきあと、あるいは自己訓練の場所の提供、又は、親子離れてリフレッシュできる機会があれば…との思いから、ショートステイ事業をしようという事に至りました。
ショートステイに関しては、スタッフ一同研修を重ねながら今年11月には家も完成し皆様にひろく内見会のご案内をし、利用していただこうと思います。このショートステイ事業がうまく稼働していくのを見届けるまでが、私自身の使命だと感じています。これからもしっかり地元に根付いたMy夢でいつづけられるよう頑張りたいです。どうぞ皆様方、今後共、応援の程よろしくお願い致します。

建物に描かれた作品1
建物に描かれた作品1
建物に描かれた作品2
建物に描かれた作品2
作品展の様子
作品展の様子

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。