スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 75号 > 

「IT機器を活用した視覚障害者への情報保障について」

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆「IT機器を活用した視覚障害者への情報保障について」

セミナー様子
セミナーの様子

 四月から施行される「障害者差別解消法」を踏まえて、視覚障害者の情報保障をテーマにセミナーを一月に開催しました。

セミナーでの内容を紹介します。

 

◯視覚障害者の情報保障におけるIT機器の活用

 

 視覚障害者への情報保障というと、「点字」が浮かぶのではないでしょうか。

 視覚障害者で「点字」を利用している人は、約一割と言われています。「点字」以外の方法としては、「文字等を音声に置き換える」「見え方に応じて拡大する」があります。

 「音声に置き換える」「拡大する」ことを担う機器として、コンピューター、スマートフォンなどのIT機器の活用が視覚障害者の中で広がっています。

 今後の視覚障害者への情報保障を考えていく上で、IT機器の活用は不可欠であり、「視覚障害者が、IT機器を使いこなせること」「情報を提供する側が、IT機器に対応できるように情報を加工して提供すること」の二つがポイントになります。

 

◯スマートフォンの有効性

 

 スマートフォンで見えない、見えづらいことをどのように補うことができるのか、また使いこなしていく上で、どのようなことが課題になるのかを明らかにするため、北九州市内で社会実験を昨年十月に行いました。

 実験協力者からは「スマートフォンとアプリがあれば、安価でどこでもいろいろなことができるようになる」という意見もあった一方、「つるつるの画面を触って操作するのでスマートフォンの操作、アプリの操作が難しかった」という意見がありました。

 

◯今後の課題

 

 スマートフォンは、視覚障害者にとって人を介さずに、主体的に情報を得ることができる有効なツールとなると思われます。

 そのためには、スマートフォン、アプリを使いこなすためのスキルを習得できる場が必要です。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。