スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆姫のたわ言

今回「ネタがなくなった」と言う竹ちゃんに代わり、原稿を書かせてもらうことになった(「ワガママだから」と名づけられた)こと

岩井菜穂美です。

連載になるかどうかは分かりませんが、女性であり重度障害者である私なりに、徒然なる想いをきたいと思います



 ~なんで怒らないの?~

 

 私が外に出るようになって早や三〇年近く。

 当時は、列車に乗るにも駅には階段しか無いし、バスにはスロープなど付いてないし……。人もほど優しくなかったです。

 制度も全く整備されてませんでした。だから……、

 至る所で怒ってた訳ですよ。本人だけじゃなくて、障害のない友人も一緒に怒ってくれてましたね。

 もちろん、いろんな場面でケンカにもなりましたしね。

 現在は、様々な場面で便利になり、「バリアフリー」という言葉も当り前に使われています。制度も前と比べると、随分と整備されて

 きました。

 ですが、今が完璧でしょうか!?このままで満足でしょうか?

 周囲の人にムカついたり、イラッとしたりしたこと、ありませんか?

 別に、ケンカを勧めてる訳ではありません。ただ“ 怒りのエネルギー”ってすごいんですよね。社会を変える力になり得るんです。

 差別解消法が施行されるといっても、私達の「そこんとこ、おかしいよ」という声が挙がらないと、世の中は変わりません!

 皆さん、もう少し怒ってみてはどうですか?

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。