スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 74号 > 

NPO法人ひこうせん地域活動支援センター 「ITアトリエひこうせん」

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

◆NPO法人ひこうせん地域活動支援センター

「ITアトリエひこうせん」

★地域活動支援センター ITアトリエひこうせんは、戸畑から小倉へ拠点を移し、リニューアルオープンしました。

 オープンから約3か月、多忙な中でも、みなさんの明るい笑顔や会話があふれ、暖かな陽射しのもと、心地よい空間が広がっていました。現在の取り組みや今後の展望などについてうかがいました。

 

  「ITアトリエひこうせん」(以下、ひこうせん)は、障がい者が自立し、社会参加を目指しながら、誇りと生きがいを持って生活できる社会の実現をめざし、平成15年に設立されました。

 平成24年4月1日には、障害者小規模共同作業所から(※1)地域活動支援センターⅢ型として新たな事業展開を行いました。

 これまで、ひこうせんは戸畑地区で活動を続けてきましたが、平成27年7月より事務所を新しく、小倉北区井堀に移転しました。

 移転に至った理由として、

・今後、「地域活動支援センター」から就労継続支援B型および多機能型施設への移行を進めていくうえで、更に広い施設が必要になったため。

・利用者が通いやすく、公共施設への訪問が容易にできる場所を考慮したため。

・「モノづくり」の授産作業を進めていくうえで、イベント会場や委託場所だけではなく、自前の販売スペースを確保するため。

・ひこうせんの活動をより広く認知していただく上で、人通りの多い交通の便が良い場所での活動が望まれたため。

があげられます。

 現在の利用者は11名で、知的障害者1名、身体障害者5名、精神障害者5名です。

 ひこうせんでは、「働きたい、何か活動をしたい」と考える障がいのある方に対し、パソコンによる作業や制作活動を通じて、社会の一員としての自覚と生きがいを持って、自立した日常生活や社会参加ができるよう支援を行っています。

 新たな事務所では、パソコン・モノづくりの作業スペースの確立とオリジナル商品のショップスペース

を設け、地域に親しみやすいオープンな施設をめざし心機一転、取り組んでいます。

 設立当初から取り組んでいるパソコン作業は、比較的ハンディキャップの制約を受けることが少なく、IT技術の習得とさらなる研鑽をしています。

 内容は、ホームページ作成、ポスター・チラシ・名刺(似顔絵・点字入)・年賀状作成、テープ起こしなどが主な仕事です。

 最近は、様々な公共機関や一般企業からの「テープ起こし」や「名刺作成」などのご依頼も多数いただいております。また、これから年末にかけては、年賀状の受付も始まります。

 平成26年度からは、これまでの「個性」、「丁寧さ」を活かし“モノづくり作業”を新しく始動しました。絵

画や羊毛フェルト・刺繍などの作品制作と、それらを用いたひこうせんのオリジナル商品販売を展開しています。

 これまでに、各地でのイベントや大学の学園祭などで、出店販売を行ったり、有料老人ホームで絵画展を開いたりしています。また、11月7日、8日には田川市にある福岡県立大学にて出店販売を行います。

 今後は、事務所の販売スペースを有効活用し、様々なお客様をお迎えして、ひこうせんでの活動を多くの方に知ってもらうこと、更に、気軽に足を運んでいただける場所にすること、いろいろな場所で活躍できる機会をつくること、を目指していきたいです。

 日々慌ただしく作業に取り組み過ごす中でも、利用者の意思やペースを大切にし「自分にしかできないこと、自分だからできること」を発見し、自身の可能性を広げ、ひこうせんでの仕事や日常、人とのつながりを通して、「やりがい」、「自分の可能性を活かし働く喜び」を感じていける施設を常に心がけております。

 利用者に対しては、スタッフ側の思いで、取り組ませるのではなく、本人とスタッフがともに平等に考え、計画や決定もなるべく本人が行う。そのため、パソコンにしてもモノづくりにしてもメンバー全員で支え合い、人任せにせず自分のできることは自分の強みとして、一人ひとりに活躍していただいています。

 お近くにお超しの際は、お気軽に立ち寄っていただければ嬉しいです。

 

(※1)地域活動センターⅢ型

地域の障害者のための援護対策として地域の障害者団体等によって、適所での援護事業(以下「小規模作業所」という。)の 実績を概ね五年以上有し、安定的な運営が図られていることが必要。このほか、自立支援給付に基づく事業所に併設して実施することも必要。利用者数等については、1日あたりの実利用人員が概ね10名以上でなければならない。

 

 

◎NPO法人 ひこうせん

地域活動支援センター ITアトリエひこうせん 

803-0835 北九州市小倉北区井掘2-4-3

TEL/FAX 093-980-1890

開所時間 月~金(祝日除く)10時~16時

(事務所は9時30分~17時)

 E‐mail info@hikousen.jp

URL  http://www.hikousen.jp/

Facebook https://www.facebook.com/npo.hikousen



一緒に活動しませんか? 利用者募集中(見学も受付中!)

【対象者】北九州市内に在住で、18歳以上の各種障害者手帳をお持ちの方、もしくは取得予定の方

※詳しくは、ホームページをご覧ください。 

・パソコンやモノづくりに興味がある方。初心者でも大歓迎!                        

・ ひこうせんで自分の可能性を広げてみませんか?  お気軽にご連絡ください♪

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。